プログラマからSEへのステップアップ術

プログラマは、ソフトウェア開発で実際のコード制作に携わる仕事に従事します。しかし、開発現場での管理職へのキャリアアップを目指すのであれば、その地位から脱却する必要があります。
プログラマからの次のキャリアを設計するのであれば、システムエンジニアという道があります。

システムエンジニアは、コード制作のための能力を持つことはもちろんの事、設計にも携わることができる能力を持っています。
同じ目的のソフトウェアであっても、どのようなコードによって機能を実現しているかは千差万別です。
コードの設計次第で、情報処理の効率やトラブルの頻度には大きな違いが生じます。プログラマからのステップアップとしてシステムエンジニアになる勉強を行うのであれば、プログラムの全体的な設計に関する技術について修得が必要です。

また、クライアントと打ち合わせを行い、どのようなソフトウェアシステムを必要としているのかについて、詳しくヒアリングを行うコミュニケーションの勉強も必要です。システムエンジニアにとっては、開発したソフトウェアのテストも重要な仕事内容の一つであり、仕様通りにコードを組み立てることができているかについて、検証を行う技術について勉強を行っておくと確実です。

システムエンジニアとしての仕事は、責務が大きい仕事ではあるものの、その内容に応じたやりがいや報酬が得られることから、キャリアアップの目標にもなります。
ただやみくもに知識を吸収しようとするのではなく、このように、将来のビジョンを見据えた目標を設定し、要点を絞って勉強すると効率よくスキルを習得できます。今後やりがいを見出せる案件と出会うためにも、自己成長する姿勢は常に保っておくべきだと言えるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です