コードの可読性に関するプログラマの勉強

プログラミングの仕事は、コードを描くことを主体としています。
そのため、目的どおりの機能を実現可能なコードを作成すれば、とりあえずのハードルを乗り越えたことになります。
しかしプログラミングとって大切な心構えとしては、分かりやすく明確なコードを書くということが重要なポイントです。
可読性の高いコードを作成する技術は、プログラミングを勉強し始めた当初から心がけなければ、習慣として身につけることが難しいです。

個人でプログラミングを行っている場合には、他人にコードを見せる機会が少なく、自己流の記述に終始しがちです。
しかし、プログラマとして仕事を引き受けるとなると、コードの内容を他人に見せることも多くなります。

ソフトウェアの制作規模が大きく複雑になるにつれて、単に目的の機能を果たすというだけでなく、可読性が高く再利用しやすいコードの価値が見直されるようになりました。
読みやすいコード制作について勉強する事は、プログラマ自身にとってもプラスになります。

以前に書いたプログラムのコードは、時間の経過と共に記憶が薄れていきます。すると、自らが書いたコードの内容が理解できないといったような事態もよく起こります。
コードの可読性が高まれば、以前作成したプログラムを利用して、新しいソフトウェア開発に流用することができます。
可読性の高いコードを制作する心構えを持ったプログラマは、どこでも重宝される人物です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です